顔をあげて、生きよう。

自分の組織で

はにかむ

鼻を高くするにはプロテーゼが定番中の定番となっていました。しかし、やはり激しく鼻を高くする為に剥がれたり、浮いたりという症状が起こることも珍しくありません。
どうにか安全に鼻を高くしたい、しかしヒアルロン酸のように時間制限があるタイプは嫌だ、そんな場合の鼻整形には自分の組織を利用するのが1番です。
これは耳などの軟骨を採取し、それを使って鼻を綺麗にする方法です。確かにしっかりと表面に癒着してくれる上に拒否反応が起こるようなことはありません。しかし、この整形が納得行かない状態になった場合、自分の組織ですからプロテーゼのように簡単に引き剥がすことはできません。
それに他から切除した軟骨だけが変形してしまうこともありますから、完璧な施術ではないのです。
しかし、安全性は抜群ですからこちらを選択する女性も多いのです。
そもそも、整形という行為自体自分の顔に糸や針や薬液やシリコンというように何かしらの異物を入れる事になりますから、何か拒否反応が出るのは仕方がないことなのです。
メンテナンス込みで美容整形と考える方が正解に近いといえます。

また、医師の腕に大きく左右される手術でもありますから、この自家細胞方式の鼻整形を得意としている先生へ依頼し、ダウンタイムもしっかり安静にしていることも必要です。美容整形は施術が終わればそれで完了ではなく、完成して肌の状態が落ち着くまでが1つの手術なのです。
特に鼻整形は顔の中心に関わってくる問題ですし、いびつになればすぐわかりますから丁寧に進める必要があります。