顔をあげて、生きよう。

プロテーゼ

横を向く

シリコン樹脂で出来たプロテーゼを鼻へ挿入し、強制的に立体感を出すのがこの治療です。
このプロテーゼにはI型とL型という種類があり、I型のほうが自然に高さを出すことが出来ます。しかし、これは鼻先が高い、形が整っている人でなければあまり効果はありません。
鼻の丸さを消して綺麗な形にしつつ、しっかりと美人ラインを出すためにはL型のプロテーゼが必要になってきます。

プロテーゼは中々に大きさがありますから、一見挿入時に傷が出来てしまうのではないかと不安を覚えることがあります。
しかし、近年の美容整形では鼻の外側ではなく内側を切開してプロテーゼを挿入するようになっていますから、どんな切り方をしても傷がみえることはありません。
また、プロテーゼを挿入する事によって皮膚に負担をかけていましたが、最近の進化したプロテーゼはそのような負担が軽減され、浮いてくるようなことがないように配慮されています。

このプロテーゼによる隆鼻は確実に鼻を高くすることができるようになっていますが、それでも不可能な高さは存在しています。一気に鼻を高くしようとすると、鼻表面の皮膚がついてこられず裂けてしまうことがあるのです。そうして事故にならないように徐々に高さのあるプロテーゼへ変化させて皮膚を伸ばしていくという方法を必要とする場合もあります。
鼻整形の方法は多々ありますから、安全性と高さと施術方法とダウンタイムをしっかり計算した上で納得できる施術を利用して下さい。